zomahonのダーツなブログ

下手くそがダーツを語ります

あるプロスタッフさんからの意外なな質問、そして覚醒!

こんにちは、こんばんは zomahon9999(https://twitter.com/zomahonofdarts)です。vol.7

スローイングはシンプルに考える


イップスが大幅に改善されてきてとりあえずスムーズに手が出るようになってきました。

ので、入らないなりにも以前よりは楽しくダーツを投げる事ができるようになってきました。
後はもう少し入るように、狙えるようになればより一層楽しくなるかなと・・・

そんな感じで行きつけの店舗でプロのスタッフとビックブルやってました。
余談になりますがビックブルは非常にいいゲームですね。
初心者同士でも楽しめるし、アップには最適だし、謎に威嚇できるし、
後はプロと遊んでもらうときにも素晴らしい魅力を発揮します。
例えば8ラウンドでインブルカウント4本私がハンデ貰って、相手は4本捲らなければ私の
勝ちみたいな、色々な楽しみ方ができます。トリプル狙ってもいいし・・・

さて本題に戻ります。
ビックブルをやっていたときいきなり彼が
「なんでいつもそこに立ってそのスタンスなんですか?」
と聞いてきました。

私はスローラインほぼ左端に立って右つま先は45度・・・
伝わらないな・・・・・

写真貼ります。
私の今の家は左側に壁があって以前のスタンスできないので ①立ち位置、②①のとこからこう立っていた。
な感じの写真貼ります。 


f:id:zomahon9999:20181007081055j:image

 

f:id:zomahon9999:20181007081358j:image



わかりますかね?
結構極端なオープンでした。
両肩がボードに向いて、完全に開いて投げる感じです。
何故と聞かれて、答えは楽だったといか言えませんでした。
何しろその時のフォームに根拠が無かったので・・・

彼が不思議がったのは手は右から左に出てるのに、立ち位置は左から右に投げている。
結構難しい事をしていると思ったようです。

なんせ根拠がないのでどうすればということになりました。
彼のアドバイスは2つ

①立ち位置を変えてみる
②スタンスを変えてみる

でした。

①まず立ち位置を中心寄りにして手の振りがそのままターゲットに向かう位置にしました。
これで単純に右方面からやや左方向に投げます。
②スタンスは具体的にはボードに対して平行だった方を垂直に近付けるスタンスに変更しました。
これによって体の開きが少なくなりました。
本当はテイクバックの方向もアドバイスもらったけど3つは難しいと思い、その時はその2つのアドバイスを実行しました。

結果この2つをやってみたら、いきなり飛びとグルーピングが飛躍的に改善しました。
面白いのはちょっとスタンス変えただけで使ってる筋肉が異なるんですね。
なぜ良化したかは具体的にはよくわかりません。
開きが少なくなった為、右肩のバラけが無くなったのは要因の1つだと思います。

集約性が上がったので一気に狙って投げる楽しさが蘇ってきました。
そうなってくると投げたくなってくるし、対戦もしたくなってくるし、とポコポコ色んな人とメドレーやってたら3日後にはレーティング8に戻ってました。
当時ライブのレーティングアップキャンペーンもやっていて3つ戻したのでテーマ2つもらった記憶ありますね(DVDは当たりませんでした)

兎にも角にもイップス発症してほぼ丸2年、沢山の方々のお陰でここに完治と宣言しても良かったと思います。

また発症したとしても次は何らかの対処ができると思うので良きにつけ悪しきにつけ経験する事は悪くないと思います。

次回は理論派と感覚派の私見をお話していけたらと思います。

ご覧いただきありがとうございました。

ということで・・・・