zomahonのダーツなブログ

下手くそがダーツを語ります

利き目は重要なのか

こんにちは、こんばんは zomahon9999(https://twitter.com/zomahonofdarts)です。vol.45
本日は利き目について個人的見解をお話します。

利き目は把握したのだが

よく「効き目を把握する」なんて記事ありませんか?

先日フォームを修正しました。
リリースを早くすることに主眼を置いていましたが、その流れから利き目に乗せて投げるフォームとなりました。

逆に言うと今までは利き目に乗っていませんでした。

私は腕が右利き、眼も右利きです。
肩・目・的が一直線になりやすいので今回意識して乗せてみました。

ここでふと疑問が・・・・

利き目に乗せるメリットとデメリットってなんだろうと・・・

私について言えば片目をつむり利き目だけで見て投げてもいい結果が出ません。
逆目で見ても当然です。
私は恐らく両目で見ています。

無理して利き目のラインに乗せると一瞬視界に手が入りラインが消えてしまいます。
利き目理論は本当に正しいのでしょうか?

f:id:zomahon9999:20181008085043p:plain


利き目に囚われすぎない

ネットで記事を漁ってみました。

5~6記事しか漁っておりませんが、どの記事にも利き目に乗せて投げるための明確な理由や理論は書いてありませんでした。
それどころか、フィル・テイラーは利き目は左。浅田プロは左目に乗せて投げている風なのに利き目は右、山田選手は右に引いているのに利き目は左ともう訳がわかりません。

ただ言える事は利き手が右で利き目が左の方は投げにくいそうです。
しかし投げにくい部類の方が世界チャンピオンなのでできない理由にはならないですね。

結局

結局のところ、私の見解では利き目に囚われる必要はないです。

見やすい、投げやすい感覚で投げるのが一番かでしょう。

利き目に乗せて上手くいくならそれが合っているのでしょうし、合わない方も絶対にいるはずです。

ここにこだわって元々の自然な投げ方を崩す必要はありません。

右足の立ち方一つとっても1人1人違うわけですし、またその角度を変えただけでも力の入り具合、筋肉の使用箇所が異なってきます。

とにかく自由に自分を試してみてはどうでしょうか。
楽しんでいきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ということで・・・・・