zomahonのダーツなブログ

下手くそがダーツを語ります

プロも本気になるゲーム「ビッグブル」

こんにちは、こんばんは zomahon9999(https://twitter.com/zomahonofdarts)です。    Vol.74

今回はプラクティスゲームについてお話します

ビッグブルは本気で面白い

ラクティスと言いながらいきなりパーティゲームです・・・

しかしビッグブルは最高のプラクティスと言っても過言ではありません。

ご存じない方に内容のご説明

ルールはCOUNT-UPと同じだが、トリプルの内側がすべてブルとなる。内側のシングルとシングルブルが50点、ダブルブルはSUPER BULLで70点。

という、だいたいブルの音がしてしまうとてもシンプルかつとても贅沢なゲームです。

的が大きいですのでダーツが初めての方でもとても楽しめます。

お酒飲みながらワイワイやるのにもいいと思います。

初級から中級者にかけてはアップに最適ではないでしょうか。

ブルの音がガンガンしますので精神的に楽になれます(トリプルや外にいくと死にたくなりますが・・)。

そして上級者もインブルの数を競うというゲームとして極上のゲーム性を誇ります。

幸い私がよく行くバーにはプロ選手が2名在籍しています。

たまにビッグブルで遊んでもらいます。プロ選手2名と並んでビッグブルなんて我ながら贅沢ですね。

勿論レベルが違うので、お酒1杯かけて勝負!なんてときはインブル数のハンデを貰います(3本位)。

毎回インブルを狙うので集中の仕方が違ってきます、カウントアップの時、私はぼんやりブルを狙いますが、さすがにインブルはぼんやり投げたら入りません。そもそも狙って入っているのかどうかのレベルな私です。

というように同じゲームなのですが我々のスタンスが変われば全く性格の異なるゲームになります。

ハーフイットのマスター設定やアンダーザハットのリミット設定なんかもそうですね、設定すれば全く異なるゲーム性に変化します。

ぜひビッグブル活用していただけたらと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ということで・・・