zomahonのダーツなブログ

下手くそがダーツを語ります

左手の位置はどうしていますか

こんにちは、こんばんは zomahon9999(https://twitter.com/zomahonofdarts)です。    Vol.84

今回はサブですがとても重要だと思われます「左手」の位置、役割について勝手に述べます。

【もくじ】

 

左手の役目

左手は全身のバランス・軸を安定させる役目を担っていると考えています。

単純に左手がブラブラしていたら安定しません。

また位置によって右手の抜け方が全然違います。

私は左手は左肩側に引くようによく言われました。
両肩を一直線にボードに向けるイメージ

そうすると確かに飛びがいいです。

上手く言えませんが体からダーツの抜けが良くなります。

一般的にこの方がいいのかと思います。

でも私にはなぜかこれが辛いのです。

理由はわかりませんが辛いです、逆に左手を前に持っていく方が楽です。

ですがそれは結果的に猫背になってしまいトータルで考えるといいはずはないのですが・・・

結果としてダーツはよく入ります。

信じる方が勝ち?

理屈で言うなら確実に左手は左肩側に寄せて固定して投げる方がいいはずです。

力が後から前に伝わります。

私のように左手を前にすると右手だけの動きでダーツを飛ばします(厳密には違うけど)。

そうなると力の伝わりが弱いです。

これは理屈としても現実としても理解しています。

ですが今のほうが良いのは多分良いからだと思います。

恐らく何らかの具体的根拠があるのでしょうが現状は分かっておりません。

入っているし、そこに投げたらそこに行っているのでいいんです。

そもそも左手を前に持っていったのは、自分なりに姿勢を固定するための工夫でした。

言わばそれも根拠ですよね、その根拠を信じてそれなりに結果が伴っているので良いのです。

そうやって自分を信じるのも大切だと思います。

明らかに間違っていたら結果にはつながりません。

道筋は一つではないし、自分が納得しないでやらされた道は近道でも遠回りになると思っています。

この発想は一歩間違うとただの偏屈になってしまうので危険です。

結果として

結果として話が暴れてしまいました。

言いたいのは左手は非常に重要だということ。

もともと左手の話だったのですが・・・

なぜ左手は後がいいかの話になりませんでした。

前でも中でも後ろでも固定するのはやったほうがいいです。それは間違いないです。

理論的には後ろに置いた方がいいはずなのですが、私は前のほうがやりやすいので前に置いています。

自分なりの根拠を信じてやっているのでそれはそれでいいのかもしれません。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ということで・・・・