zomahonのダーツなブログ

下手くそがダーツを語ります

プロ選手を見ていて気づいた事

こんにちは、こんばんは zomahon9999(https://twitter.com/zomahonofdarts)です。    Vol.86

普段仲良くしてくれるプロ選手が言っていたことについて考えたことをお話してみます。

 

もくじ

 

小さな変化に意識している

2週間ぶりに行きつけのバーに行って在籍のプロ選手のスローを眺めていたら以前より柔らかくかつダーツが気楽に飛ばせていることに気づきました。

本人に感じたまま伝えてみたところ、本人もその自覚があったそうで、意識してフォームをそのように修正したそうです。

数日前まで腕が出しにくい位不調だったそうですが、スタンスを少し調整してみたところスムーズになったそうです。

聞いたら本当に本人しか分からない程度の変更でした。
しかし見ている私にも明らかに良化しているのは分かりました。

その微妙な修正や調整が大切なのですね。

その日の調子で意識を変えますか?

 

少し話が飛びますが、私はその日の感覚で腕を出す角度を変えています。

日によって腕を出す方向が微妙に異なります。それは探り探りです。

前日こうだったから今日もそうなるかというとそうはなかなかなりません。

仕方なく変えています。

大切なのはそれに気づくかどうかだと思います。

大きな変更を加えるのはいかがかと思いますが、目視では分からない程度の微調整は必要になるでしょう。

小さな変化に意識することは大切ですし、小さな変化に気づくようにするのも大切です。

プロ選手の変化は私には気づかない程度のズレかもしれません。

おそらく私のほうがズレの幅は大きいでしょう。そこに気づくよう意識を持っていくべきです。

きっとこれも日々の積み重ねだと思います。

発見と修正の繰り返しの積み重ねでズレの幅が小さくなっていく。それを「上達」と言うのかもしれません。

こういった意識をよりできるようになりたいものです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ということで・・・・