zomahonのダーツなブログ

下手くそがダーツを語ります

ダーツは狙いますか狙いませんか?

こんにちは、こんばんは zomahon9999(https://twitter.com/zomahonofdarts)です。    Vol.88

今回は練習していてたまに感じる事のお話をします

もくじ

 

練習と試合の時の意識の違い

試合の時に緊張しないような練習としてこんなことやっています。

練習の時はしっかり狙う、試合の時は狙わない

言いたいこと伝わりますかね?

こんな事言われたことないですかね?

腕を倒して伸ばせばダーツは入るよ的なやつです。

同じ動きを何度も再現できればダーツは入ると思っています。

確かにこれは正論だと思います、簡単にこれができたらいいですね。

究極は投げたい所を見てそこにパタンと手を伸ばす。

狙うという行為を意識するか作業にするかで全体が変わってくる気がします。

強く狙うのが正解?

皆さんはどんな意識で狙っているのでしょうか?

私は根本にダーツは狙って投げるものという意識があるので本当は全て狙った通りに投げたいです。

仮に全く同じ動きをしていたとして全く狙わずに入るより狙っていた方が価値があると考えています。

しかし、狙う意識が強い=力みの原因

の図式も成り立ちます。

試合の時は絶対に入れる意識が強いので敢えてその意識を弱めてあげたいのです。

ですが練習の時に狙う意識を強めておかないと試合の時には狙わずに投げられない。

もう矛盾の塊ですね・・・・

明日大きな大会に出るのでちょっと頭の整理をしていました。

一番いいのはリラックスして狙って投げることなんだよなあ・・・

そこに向かって修行しているんだろうな

色々頑張ります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ということで・・・・