zomahonのダーツなブログ

下手くそがダーツを語ります

もっとダーツのレッスンプロが増えれば良い

 

こんにちは、こんばんは zomahon9999(https://twitter.com/zomahonofdarts)です。    Vol.94

ダーツのプロレッスンについて素人が述べてみます。

あなたにはダーツの先生はいますか?

もくじ

 

ダーツはやっぱり教わったほうが上手くなると思います

プロのダーツレッスン

こんなツイートがありました。

ブログも書かれているプロ選手がネットでレッスン生を募集!

 最初は無料でやっていただけるようですね。

さっそく募集も来ているみたいです。

やっぱり教えてもらいたい人は数多くいるのですね。

有名なところでは樋口雄也選手は少し前から有料のレッスンを行っていたと記憶しています。

ですが現状他であまり聞いたことありません。

イベントでの質問コーナーは聞いたことありますけどね。

ネットをもっと活用するべし

私は幸いにも心の師匠がいて、現在転居先の近所のバーには2名の在籍プロと店長が教えの天才という環境で仲良くしてもらっているので定期的に見てもらえます。

しかし、バーに行かずに漫喫や投げ場だけで投げているプレーヤーも沢山います。

バーの敷居が高いと感じている方や、たばこやお酒が苦手で来れない方もいるでしょう。

私も始めダーツバーというと北斗の拳に出てくるハートのような人々がたむろしている恐ろしい所を想像していました・・・

大して上手くもない私が言うのもなんですが、漫喫などでしか練習できない方はRTだと7,8くらいが壁になっているのが現状のようです(もちろん例外も多々あります)。

ですのでこの「タクロー@プロダーツ選手さん」のような通信教育も新しい形なのではと期待しています。

また現場レッスンの募集に関してももっともっとTwitterfacebookなど活用していってはどうでしょうか?

レッスン料は発生するべし

ゴルフと違ってダーツは距離が近いスポーツですので同様にはいかないとは思います。

(どうしてもゴルフのような個人レッスンにはなりにくいでしょう)

しかし基本は料金を取って教えていくスタイルに持っていけたほうが教える側の質の向上にも、教わる側の吸収力にも寄与していくのではないでしょうか。

当然応募が集中する選手もいれば全く来ない選手も出てしまうでしょう。

でももっとレッスンプロが増えるといいですね。

そうすれば問題も出てきて改善を重ねより良い形になっていくような気がします。

もっとダーツ人口が増えるといいですね

プロ選手の生活が苦しいのも承知

現況プロ選手でダーツのみで食べていける人が数少ないのは承知しています。

当然二足のわらじを履いてらっしゃる方が大多数です。

いきなりは難しいと思うのですが、ほんの一部の方でもレッスン収入が発生したり、そのレッスンのおかげで回りまわってダーツ人口が増えたりしていけば、企業スポンサーの協賛であったり、市場の拡張であったりと良い循環が生まれるのではないでしょうか。

箱が大きくなれば収入と分配が大きくなるのは自明です。

棲み分けすればいい 

ダーツバーが漫喫を目の敵にする時代は終わったと思います。

漫喫は漫喫であっていまやインフラのようなものです。

次はソフトの部分で

イベントプロ・レッスンプロなどのように幅を拡げていってはどうでしょうか。

もちろんバーで今までのように教わるのもありですし、それを無くすべきではないです。

もっと言えば学校で教えちゃうなんてのもありではないでしょうか。

風営法も外れてスポーツとして注力しやすい環境になってきたはずです。

禁煙ダーツバーだっておそらく予想以上に需要があると思いますよ。

もっともっと新しいことをやってみたらどうかと思います。

最終的に人口が増加していく流れに持っていくことが業界繁栄につながると思います。

なんてダーツ業界のことはよくわかっていないおじさんがつらつら語ってみました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

ということで・・・