zomahonのダーツなブログ

下手くそがダーツを語ります

いきなり降りてくる感覚

 こんにちは、こんばんは zomahon9999(https://twitter.com/zomahonofdarts)です。    Vol.100(RTはライブ表記)

気が付いたら100記事、パチパチパチパチ!!

今回は投げ感のお話をします。

もくじ

 

ダーツを指先で感じられた

たまに降りてくる感覚ってありませんか?

私は頑張ったご褒美と思っています。

年に数回あればいい感じのあのいきなりな感覚・・・

指先の感覚

今回の感覚は指先でダーツを感じる感覚です。

普段私は腕の振りだけでダーツを投げます。

理由としては手先まで考えるほど上手ではないし器用でありません。

腕振るだけで勝手にダーツは離れてくれるのでいかに気持ちよく腕を振れるかだけ意識していました。

そうしていたら突然指先にダーツの向きを把握している感覚が感じられるようになりました。

私の場合は親指と人差し指が離れる時の感覚が強く感じられます。

向きが感覚的に合っていると投げたいところにダーツが落ちます。

ボールを握って投げるのと似た感覚をダーツでやっている感じと言えば伝わりやすいかな?ものを投げている感覚です。

この感覚がある時はRT12位の数字が出ます(現状RT9)。

継続しないこの感覚

しかし面白いことにこの感覚は継続しません。

今日はあっても明日はなかったりします。

体調にもよるようで悪いと思う時には出てきません。

そんなときは仕方ないので切り替えて腕の振りだけで投げるようにしています。

無理に感じようとすると持ちすぎてリリースが遅れてダーツがみんな下にいってしまうのです。

練習不足でしょう

 恐らくですがもっともっと投げこめばこの感覚は頻出してくれる気がします。

投げ込みが不足しています。

自転車に乗るのときっと同じです。

上手に乗れる感覚が少し分かってきたのでしょう。後は乗り込むだけです。

上達への階段

感じる事が増えてくる

このように新しい感覚が出てくることは良いことです。

最近考えながら投げているのも良いのかもしれません。

このブログを通じて自分の考えたことを言語化していることも起因していると思います。

何かしら考えながら投げるように意識しています。

肯定してもらえてる

何人かの上級者にこの感覚の話をしたら皆さんが肯定してくれました。

とても良い事と何人もの方が言ってくれるので多分感覚としては合っているのでしょう。

周りに肯定してもらえるのも安心材料となっています。

とにかく練習していつも感じられるようになること。

そしてこの感覚を作業化して常に表現できるようになればRT12前後でやれるような気がします。

そうすればもっと先の世界も見えてくるかな?

そうなればもっと楽しくなるでしょうね。

今のこの感覚を磨いてまた新しい感覚を感じられるようスキルアップしていきたいものです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ということで・・・・