zomahonのダーツなブログ

下手くそがダーツを語ります

ダメ!舌打ち、褒めてあげよう

こんにちは、こんばんは zomahon9999(https://twitter.com/zomahonofdarts)です。    Vol.101(RTはライブ表記)

投げていて舌打ちしちゃう方いませんか?

私は以前そうでした、やらない方いいと思うお話ししてみます。

もくじ

 

舌打ちはなんでするの?

ダーツでなぜ舌打ちするのか?

思った通りにならない自分に苛立つからではないでしょうか。

相手に対して苛立ちを露わにするのもあるでしょうが、大方は自分に対してでしょう。

私は60%は外す人

先日漫喫で隣の方が舌打ちマンでした。

RT5の人でした。

とにかくチッチッうるさいです。

ブル外す度に舌打ちしています。

RT5のブル率は20%弱です。

5回に4回は舌打ちする計算になります。

ちなみに私はRT9なので37%位。

3回に2回は外します。

計算上はRT12以下の人は半分以上外します。

そう思うと舌打ちするなんて、なんて自己評価が高いと思いませんか?

そして勘違いも甚だしい。

ここぞという時に外してしまいグッとなってしまうのならわかるのですが大半はそうでない人でしょう。

自分を褒めたほうが良い

入れた自分を褒めたほうが気持ちよい

発想を変えて入ったら自分を褒める方が精神衛生上も良いと思います。

外しても肯定的な(惜しいとかもう少しとか)言葉を自分にかけてあげると次に投げる自分が楽になります。

とは言えこの切り替えをするのが非常に難しいのです。

こんなことを言いながら残念ながら私もまだまだ切り替えをしきれていません。

気持ちの入れ替え方

肯定的な考え方を持つにはそう考えるしかありません。

常に意識して自分に優しい言葉をかけてあげましょう。

相手に汚い言葉はかけませんよね、自分にもかけないようにしましょう。

「なんで入らねえんだよ」でなくって「いやあ~惜しいなあ」でいいのです。

これを繰り返していけば投げる前の自分の精神状態も良い状態の持っていけます。

チャンスにもピンチにも強くなると思いますよ。

自分を無駄に追い込まなくなります。

まとめ

  • 舌打ちするあなたは傍からみてかっこ悪い
  • あなたは思っているより下手です
  • ダーツは入ったらうれしい
  • 肯定的になろう

ちょっと気になったのでお話してみました。

楽しいダーツライフを送りましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ということで・・・・